いま「対馬丸」を語ること -理念-

私たちは考えました
いま「対馬丸」を(かた)ること、それは何でしょう?
戦争のこと?それとも平和?
本当に語って()しいこと、それはいまそこにある
それぞれの「(ゆめ)」のことです

暗くつらい戦時(せんじ)でも「夢」は持っていました
でも、生きていればこその「夢」
犠牲(ぎせい)になった(かれ)らの()くしてしまった「夢」
彼らが持っていたであろう未来への「夢」
その「夢の未来」に私たちは生きています

この(かん)()をおいたら、感じてみて下さい
そして、考えてみて下さい
この館には犠牲者の数と比較(ひかく)して
遺品(いひん)など、「物」があまりありません
どうしてでしょう?

あまりにも長い時間がたったから?
思い出を残そうとしなかったから?

沖縄戦では、多くが()かれ破壊(はかい)しつくされました
形あるものは(うしな)われました
しかし、人々の「(おも)い」は(けっ)して失われません

人々の「想い」、それは平和への強い「希望(きぼう)」です
戦争を語るとき、悲しみと(にく)しみが生まれます
悲しみの大きさを、「希望」にかえる努力をしないと
憎しみが報復(ほうふく)連鎖(れんさ)をよびます
しかし、報復の連鎖で悲しみは(いや)されるでしょうか?

いま「対馬丸」を語ること、それはなんでしょう?

いまも世界では報復の連鎖が
子どもたちから新たな夢と希望を(うば)っています
この報復の連鎖を()ち切る努力を一人ひとりがすること
これこそが、対馬丸の子どもたちから指し示された
私たちへの「課題(かだい)」ではないでしょうか




2004年8月22日 対馬丸記念会